水槽のサイズやデザインの選び方のポイント

水槽のサイズやデザインの選び方のポイント

水槽水槽のサイズはできるだけ大きい方が、
水槽内の環境の変化が少なくなることから、
魚にとっても余裕をもって泳ぐことが可能になります。

 

とはいえ、水槽のサイズに比例して費用は上がっていきますし、
設置するスペースも考慮しなければなりません。
しかも水槽ですので水が入りますから、
その重さに床が耐えられるかどうか、という問題も出てきます。


 

規格水槽

 

水槽で最も多いのは、直方体の形状です。
これは規格水槽と呼ばれており、例えば45センチ規格水槽の場合、(45×45×45)となり、
60センチ規格水槽の場合には、(60×45×45)となります。
大きさが15センチごとに増えるたび、それと比例して価格も上昇していきます。

 

規格水槽の他には、立方体であったり円錐形といったような形状のものもあり、
業者によってはよりオリジナリティの高い形状のものを製作できるケースもあります。

 

素材の違い

 

水槽で使われる素材には、ガラスとアクリルがあります。
ガラス製のメリットには、傷のつきにくさや、透明度の維持という点があります。
ただしガラスは重さがあるため、重量が上がるほど、アクリル製の比率が高まっていきます。

 

アクリル製のメリットとして、割れにくいということがあるため、
アロワナのような大きな魚を飼育する場合に採用される傾向があります。
そして水槽そのものの加工がしやすいというのもアクリル製のメリットです。
ただし、デメリットとして傷がつきやすいという点があり、
安価なものの中には、質の低いものも販売されているようなので気をつけましょう。

 

設置場所

 

水槽を設置する場合、場所も重要なポイントとなります。
60センチを超える水槽の設置には、専用のキャビネットなどに乗せることが基本となります。
きちんと水平が確認されていて強度を持った床の上に設置することで、
水槽の歪みや水漏れなどのトラブルを防ぐことになります。

 

参考までに120センチの規格水槽(120×45×45)の場合、
ガラス製でおよそ50キログラムとなり、アクリル製で15キログラムとなっています。
180センチの規格水槽(180×60×60)の場合には、
ガラス製でおよそ150キログラム、アクリル製でおよそ45キログラムとなる計算です。

 

淡水魚と海水魚

 

水槽のデザインの基本は、飼育する魚が淡水魚と海水魚によっても違ってきます。
淡水魚は河川や湖などをイメージしたデザインとすることが多く、
海水魚は深海をイメージとしたカラフルなデザインとすることが多くなっています。