飲食店で使って、集客力アップ

飲食店で使って、集客力アップ

イメージが大切な仕事としては、
オフィスや病院以外にもファッション系、マスコミ関係、また飲食店等があります。

 

日本食、寿司店、ふぐ料理店で食べるための魚を水槽やいけすに放しているのも、
捌きたての新鮮で美味しい魚を提供しますよ、というアピールです。

 

もちろん魚を死なせてしまっては、美味しそうだというプラスイメージが台無しになるので、
いけす専門のメンテナンス業者を頼んで、水質管理に来てもらっていることが多いのです。

 

ただ最近は、このような食用の魚とは別に、飲食店のイメージアップのために
アクアリウムのレンタルをすることが多くみられます。

 

飲食店に水槽を例えば
大人向けのバーとか、洋菓子店、
コーヒー店やイタリアン、フレンチなど、
お洒落、または少しエキゾチックな店内にするため
に、
アクアリウムのパワーを利用することもできるのです。

 

今は、猫カフェや犬カフェもあり、
当然、熱帯魚や海水魚の愛好家が集まるカフェもあるのですが、
そこまで専門的にやらなくても十分、雰囲気アップや集客効果は期待できます。
なによりも雰囲気を売る飲食店の場合、インテリアや店内の雰囲気づくりが、
今後の命運を握るといっても過言ではありません。

 

一つのイメージ戦略として、手間がかかる料理を出している店でもアクアリウムは有効です。
ラッピングなどで時間がかかる場合も、観賞魚を見ていて貰うことで、待ち時間が気にならなくなるでしょう。

 

たったそれだけのことで?と思うかもしれませんが、
アクアリウムの持つ人への心理的影響や、癒しのパワーは想像以上に大きいです。

 

お店の環境作りをしっかりと行って、よりよい雰囲気にすることは、
従業員の士気までも高め、アクアリウムから話題も生まれるので、
コミュニケーションツールとしても働いてくれます。

 

もしあなたが観賞魚好きなら、アクアリウムのレンタルやリースだけではなく、
購入も視野に入れておくと良いでしょう。
オリジナリティあふれるデザインの水槽を注文すると、あなただけの特別な水槽デザインにしてくれます。
きっと、ますます観賞魚が好きになるに違いありません。

 

お店が繁盛して忙しければ忙しいほど、環境や周りのことが見えなくなって、
ちょっとした息抜きや気持ちのゆとりを無くしてしまいがちです。

 

そんな時には、休憩スペース等に置いたアクアリウムを見ることで、癒され自分を取り戻し、
心身ともに、パワーを充電することができることでしょう。

 

余裕のない都市生活者にはぴったりのアイテムですね。

 

子供や若者は、特に観賞魚好きも多いので、
素直にお客さんとして喜んでくれますし、さらに集客力もアップすること間違いなしです。