水槽レイアウトで人気の水草や珊瑚は?

水槽レイアウトで人気の水草や珊瑚は?

ここではアクアリウムで使われる水槽レイアウトで、
人気の高い水草や珊瑚を紹介していきます。

 

人気の水草

水草@グリーンカボンバ

 

金魚藻として知られているグリーンカボンバは、その名の通り金魚が好んで食べることからついた
別名が「金魚のサラダ」です。
熱帯魚の水槽にも入れることができ、丈夫さとボリューム感を備えています。
強めの軟水を好むことから、
同じ水槽内にはサンゴ砂を使わないことがポイント
となります。
生育が早めのため、マメな剪定を行うことも大切です。

 

水草Aウォーターローズ

 

ウォーターローズは、バラを思わせるような葉を水中で伸ばしていくのが特徴です。

 

水槽内にて生育させるためには、
ロゼット型と呼ばれる品種を選択するようにしましょう。

レイアウトでは前景草として使われることが多いようです。

 

水草Bリシア

 

浮き草に分類されるリシアは、
元々は水面に浮いているのですが、水中でも育成ができるため、
水槽のレイアウトに使用されています。
あえて水面下に沈めた後に二酸化炭素を加えていきますと、
弱めの光でも光合成を繰り返すため、鮮やかな緑色の姿を見せてくれます。

 

熱帯魚の泳いでいる水面に浮かべていくことで、徐々に広がっていきます。

 

水草Cヘアーグラス

 

日本やアジア大陸の水田や河川などに生息するヘアーグラス
市販されているのは、太陽の光のもとに育てられた水上用のものです。
コケが発生しやすいので、
エビを水槽内に入れることがポイントとなります。
植え込みには短めのものを使い、稲をイメージしながら植えこむようにすると良いでしょう。

 

水草Dアルテルナンテラ・レインキー

 

赤色の有茎水草であるアルテルナンテラ・レインキーは、
レイアウトの中でのワンポイントとなる存在です。
底床添加肥料や二酸化炭素を上手に使うことで、良い具合に成長していきます。
比較的育成が容易とされており、
初心者の方にもおすすめの水草となっています。

 

人気の珊瑚

珊瑚@イソギンチャク

 

海水魚のレイアウトには欠かせない珊瑚の種類には、まずイソギンチャクがあります。
映画「ファインディング・ニモ」にて、その名を全世界に轟かせたカクレクマノミと
セットで水槽に入れることが多いようです。
色の種類が豊富なのが特徴です。

 

珊瑚Aハードコーラル

 

珊瑚の種類として骨格のあるものを、ハードコーラルと呼びます。
アワサンゴやミドリイシ、タコアシサンゴといったように、多くの色や種類があります。

 

珊瑚Bウミトサカ

 

どことなくカリフラワーを思わせる形状が特徴のウミトサカ
透明感のある茎状の体躯の上部に、黄色や赤やオレンジ色のかたまりをつけている姿が印象的です。
オオトゲトサカやウミキノコ、チヂミトサカといった種類があります。

 

その他の珊瑚

 

その他の人気の珊瑚の種類として、シャコガイやハードチューブというものがあります。
シャコガイは、光合成をすることから、色の鮮やかさが特徴的です。
ハードチューブは、海の中にパッと咲いた花のような雰囲気を持っています。