熱帯魚の病気の種類と飼育方法

熱帯魚の病気の種類と飼育方法

熱帯魚の病気には様々な種類があります。
ここでは、それぞれの病気についての解説と、熱帯魚の飼育方法について紹介します。

 

白点病

 

熱帯魚にとって、最もかかりやすいと言われている病気が白点病です。
ヒレや体に付いた白い点が、やがて体中に広がることで死に至る病です。

 

白点病の原因となるのは、急激な水温の低下があります。

 

水温が低下してしまうことで、熱帯魚の免疫力もそれに比例して減少してしまうのです。
そして、イクチオフチリウスやウオノカイセンチュウといった寄生虫が取り付くことによって
白点病の症状となるのです。

 

白点病の初期症状として、小さめの点がヒレなどに現れます。
痒みのため、水草や石に体をこすりつける動作を見せることもあります。
白点病は水温を30度程度に上げることと、
メチレンブルーのような専用薬を与えることで、完治につながります。

 

尾腐れやヒレ腐れ

 

低めの水温の際に、熱帯魚が移動中に、ヒレや尾が傷ついてしまい、
細菌に感染してしまうことで起こるのが、尾腐れやヒレ腐れです。
初期症状として、ヒレの先端が欠けて赤みを帯びたり、だんだんと溶けていくような形で進んでいきます。

 

尾腐れやヒレ腐れの治療には、
隔離をすることと、メチレンブルーやグリーンFといった薬を与えます。
20リットル中、小さじ1程度の割合で食塩を投入することで、治療の効果が高まります。

 

綿かぶり病

 

綿かぶり病はその名の通り、熱帯魚の身体の表面に綿が付着しているような状態となります。
移動中やケンカをした時に、出来てしまった傷に対して水カビが付くことで起こります。
カビの成長に伴い、症状は体の広範囲へと広がります。

 

綿かぶり病の治療には、体に傷が付いた時点で隔離をすることと、
メチレンブルーなどの薬を与えることで、完治につながります。

 

エロモナス症

 

エロモナス症は、飼育環境が悪くなることで起こる病気です。
細菌に感染した熱帯魚がなりやすく、ウロコの逆立ちが見られたり、
赤い斑点が体表に発生します。
水槽の設置からあまり時間が経っていない場合にも起こるようです。

 

エロモナス症の治療には、グリーンFゴールドなどの薬を与えて隔離させます。
エルバージュエースを入れた水に薬浴をさせる方法もあります。

 

エラ病

 

エラ病とは、エラにカビが感染することで、
エラが変色してしまい、まくれ上がっているような症状
となります。
水温や水質が不安定な飼育環境の悪さが原因と言われています。

 

エラ病の初期の段階では、薄めの食塩水に浸すことで完治するケースもありますが、
悪化すると呼吸困難を起こしてしまいます。